DEMO 2: 日本アマゾンに出品している商品の価格を自動改定するWebアプリのライブデモ!

APAT(JP版)は、日本Amazon(アマゾン)に出品している商品の価格を自動改定します。APATシステムは、ホーム、在庫、価格、トラン、保守、搬入から構成されています。商品の価格は「利益優先」「資金繰り優先」のどちらかを選択することができます。たとえば、新品は「利益優先」で、中古品は「資金繰り優先」といった設定も可能です。新品に「利益優先」を適用させたときは、ショッピングカートを獲得できる価格帯の最高値に自動的に調整します。中古品に「利益優先」を適用したときは、商品のコンディション「ほぼ新品」「非常に良い」「良い」「可」の最安値に自動的に調整します。「資金繰り優先」のときは、アマゾンの最安値に合わせたり、「最安値+1円」「最安値+2円」「最安値+?円」「最安値-1円」「最安値-2円」「最安円ー?円」といった設定も可能です。さらに、「FBA」「自己発送」も考慮して価格調整します。

APAT(アマゾン価格改定ツール)のライブデモを見る!

  • ホーム
    ホームでは、APAT(価格改定ツール)の概要と簡単な操作手順を説明しています。ホームからはアマゾンに出品している商品の価格を自動改定する機能がありますが、ライブデモ版では無効にしています。ホームページの左端に配置されている[自動価格改定]ボタンをクリックすると、アマゾンに出品している商品の価格を自動更新します。商品の価格は「利益を最優先」するか「資金繰りを最優先」するかを選択することができます。
  • 在庫
    在庫では、アマゾンの倉庫に保管している商品(FBA)の在庫を最新の在庫数に自動的に更新します。自己発送の商品の在庫数は、「保守」から手動で更新します。
  • 価格
    価格では、アマゾンに出品している商品(新品・中古)の価格を自動・手動で調整することができます。ASP.NETのListViewにアマゾンに出品している商品が表示されたらラジオボタンから「新品」「中古」を選択して商品を切り替えます。新品と中古では、価格改定の仕様が異なるので別々に行います。たとえば、新品の価格改定は「利益優先」、中古品の価格改定は「資金繰り優先」といった処理が可能です。ListViewからは、ListViewのヘッダー/フッターに表示されている[ページ番号]をクリックしてページを移動することができます。[<<]と[>>]ボタンをクリックすると先頭ページ、最終ページに移動します。[<]と[>]ボタンをクリックすると前ページ、次ページに移動することができます。ListViewのヘッダーに表示されているリンクをクリックすると、その項目でListViewを昇順(▲)・降順(▼)に並べ替えします。[最新価格取得]ボタンをクリックすると、アマゾンのデータベースから最新の価格(最安値)を取得して新価格を表示します。「新価格」を訂正するときは、テキストボックスに表示されている金額を書き換えます。なお金額は[+]ボタン、[-]ボタンをクリックして1円単位、10円単位、100円単位、1000円単位で調整することができます。「下限価格」と「上限価格」には、商品の下限価格と上限価格を入力します。下限価格は必須ですが、上限価格は任意です。[価格改定要求]ボタンをクリックすると、アマゾンに出品している商品の価格を更新(更新処理をリクエスト)します。なお、改定した価格が商品の販売ページに反映されるには15分くらいかかります。商品の価格改定はページ単位に行います。ListViewのページサイズ(1ページ当たりのレコード件数)は環境設定で変更することができます。1ページに表示できる最大レコード件数は400です。
  • トラン
    トランでは、価格改定のトランザクションログを管理します。ASP.NETのListViewにトランザクションログが表示されたら、[進捗]ボタンをクリックすると価格改定が完了したかどうか調べることができます。[削除]ボタンをクリックするとAccessのデータベースからトランザクションログを削除します。ListViewのヘッダー/フッターからは、ページ番号をクリックしてページを移動したり、先頭ページ(<<)、最終ページ(>>)、前ページ(<)、次ページ(>)に移動することができます。1ページに表示するレコード数は調整しすることができます。
  • 保守
    保守では、アマゾンに出品している商品を管理します。ASP.NETのListViewに商品の一覧が表示されたら、ラジオボタンから「FBA+自己発送」「FBA」「自己発送」をクリックして表示する商品を切り替えます。デフォルトの状態では、すべての商品(FBA+自己発送)が表示されます。ListViewのヘッダー/フッターからは、ページ番号をクリックしてページを移動したり、先頭ページ(<<)、最終ページ(>>)、前ページ(<)、次ページ(>)に移動することができます。ListViewのヘッダーに表示されているリンクをクリックすると、その項目でListViewに表示されている商品を昇順・降順に並べ替えすることができます。ListViewから[編集]ボタンをクリックすると商品(自己発送)の在庫数を修正することができます。FBAの在庫数は自動的に更新しますが、自己発送の在庫数は手動で更新する必要があります。[削除]ボタンをクリックするとAccessのデータベースから商品レコードを削除します。
  • 搬入
    搬入では、アマゾンに出品している商品を搬入します。インポートファイル(テキスト形式)にはアマゾンに出品している商品のSKUを格納します。インポートファイルに格納されている商品(SKU)を搬入するには、[ファイルを選択]ボタンをクリックしてインポートファイルを選択したら、[アップロード]ボタンをクリックします。

アマゾン価格改定ツールのライブデモを見る!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする